ヒョウタンツギによろしく

映画の感想とかひまつぶしの小説とか、日々の雑感とか 

--.--.--(--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2008.08.03(日) ダークナイト

ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)
()
不明

商品詳細を見る



 友人Mと川崎までポニョを観にいったはずが、『ダークナイト』を先行上映してる!しかも席が空いてる!というわけで、観てきました。


 色んな映画雑誌でも言われているように、ヒース・レジャー演じるジョーカーの狂気がすさまじく、はっきりいって主役は完全にジョーカーでした。ただ単に狂っていることの怖さより、どう考えても狂っているやつなのに、なんらかの筋が通っていることがなんとなく分かる怖さ、僕にとってはそっちのほうが恐ろしく、今回のジョーカーはまさにそういったキャラクターでした。



<以下ネタバレあり>

 観終わった後にMとも話し、後でパンフレットを見るとそこにも書かれていたことなのですが、今回劇中で幾度となく繰り返される二択。しかも全て死がかかっているという容赦のなさ。

 中盤、ジョーカーを取り調べ中にバットマンがキレるシーン、殴る前に椅子でドアを開かないようにするあたりの冷静さが逆に本気の暴力をふるう空気をかもしだしていました。しかも飛び道具をあまり使用しないのが今シリーズのバットマンであることは、それまでの流れでも十分見せられてわかっているだけに、余計に事態のヤバさが伝わってきます。
 少しだけ気になったのが、そのあとにジョーカーが怒らせた見張りの人。秒殺されるほど弱かったのでしょうか……

 病院爆破のシーンでペタペタ歩くジョーカーは、しゃべっているときにベロをちょろっと出すのに次いで印象深く、つくづくヒース・レジャーの演技のすごさに圧倒されます。そんなことを考えている間もなく、唖然とするほどのビル倒壊。おそらく撮り方もあるのでしょうが、ニュースで災害を見ているようなリアルさを感じました。
 なんなんでしょう、ジョーカーだけに当てはまることではないと思いますが、ああいう狂ったやつとはいえ、爆破するのには爆弾をしかけたり時限装置をしかけなくてはいけないはずで、計画性がないはずなのにそういう準備は完璧に、しかも異常な手際のよさですましていたり、まずその専門的な知識があるということからして、得体のしれない怖さを感じます。


 ダークナイトというタイトルが示すとおり、全編通じて前作以上の暗さや悪が描かれていますが、大人向けと称して安易なホラーにしたり、絶対悪がないということをヒーロー同士の小競り合いと履き違えるような部分は一切なく、まさしく一流のエンターテイメント映画だと思いました。

Comment
計画性ある気がするなー
頭悪そうに見せかけてじつは頭きれるみたいな。
自分では計画してるという意識はないのかもしれないけれど。
いやーーーおもしろかった。はーびーーーーれいちぇるーーーー
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://hyoutantugi.blog116.fc2.com/tb.php/82-84f26640
UNIQLOCK
カレンダー

ブログ内検索
アーカイブ
カテゴリー
タグクラウド
プロフィール

ザ区


My Profile by iddy




あわせてよみたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログランキング
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。